代表挨拶

2021年のご挨拶

 当社ホームページをご覧くださりありがとうございます。グリーンカルチャー株式会社代表の金田と申します。当社は2011年より通信販売でベジタリアン食品を販売する専門店としてスタートし2021年10周年を迎えます。

 2021年はコロナウイルス感染症により社会様式が激変。弊社にとっても乗り越えるべきことが多い年でありました。そうした中でもコロナウイルス以前から進めていた、自社通販の強化が功を奏し売上高は過去最高を更新することが出来ました。

 2021年は会社として大きな変革期を迎えます。10年というスパンで従来の手法や構造が通用しなくなり、企業としてのフルモデルチェンジが必要となるためです。そこで弊社は「ベジタリアン向け通信販売企業」という創業以来のビジネスモデルだけに寄り掛かるのではなく、「植物肉開発ベンチャー」としての展開に大きく舵を切っていきます。植物肉の開発を通して、ベジタリアンやヴィーガンの顧客に限らず多くの方たちに植物肉を届けていきたい。その“想い”を実現するため社内・社外との連携を強めながら事業に邁進して参ります。日頃から、多くの企業様、個人様、投資家様からのご指導ご鞭撻に御礼申し上げます。

弊社のビジョン

健康と地球とずっと。

 植物性食品の開発を通して健康と地球がずっと続く世の中を実現したい。そうした想いを実現するため、令和3年の弊社10周年を機にコーポレート・ビジョンを再定義いたしました。我々が開発する植物性の食品は地球規模の課題(飢餓、環境汚染、動物倫理の問題)や我々個人に直接的に影響のある健康課題(肥満、糖尿病、動脈硬化、ウイルス等)の解決にもつながります。そうしたことから私たちは地球規模の課題と私たちの健康課題という2つの課題を解決する方法として、植物性食品の普及を目指しています。

自分の人生を使って、このコーポレート・ビジョンの実現に真っ向から臨んでいきたいと思います。 力不足な点も多々ございますが、皆様のより一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 金田郷史


代表取締役 金田郷史(略歴)

 東京都葛飾区生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。米De Anza College Liberal Arts経営学専攻準学士。高校卒業後シリコンバレーへ留学。在米中、食の多様性へ感銘を受け、日本での植物性食品普及を決意。2011年、貯金を元手に資本金100万円で植物性食品専門企業「グリーンカルチャー株式会社」を創業。会社経営の傍ら各種勉強会での講演や雑誌寄稿また議員連盟で植物性食品に関する情報提供を行う。

会社情報

グリーンカルチャー株式会社 〒341-0035埼玉県三郷市鷹野2丁目480-2 グリーンカルチャー物流センター TEL:048-960-0426 FAX:048-960-0427

植物性チーズ販売

ニュースエブリー金田代表

ベジタリアン子育て支援制度

ページ上部へ戻る