「フードテック振興のための議員連盟」設立総会に出席しました。

2020年12月3日(木)衆議院第一議員会館国際会議室で開催された「フードテック振興のための議員連盟」に弊社代表の金田が出席しました。弊社が参画する議員連盟は「ベジタリアン/ヴィーガン関連制度推進のための議員連盟」に続き、2例目となります。

この議員連盟は、完全資源循環型の食料供給や食を通じた高いクオリティ オブ ライフを実現し、日本の食産業の特徴を今後の世界で活かすためのフードテック領域の研究開発や環境整備を行うことを目的としています。

統計によれば、2050年には世界の人口は97億人に達し、現在の2倍の食糧が必要となります。これにより、早ければ2030年頃には世界的な「タンパク質危機」が発生するともいわれています。
食料危機のみならず、地球温暖化防止の観点からも植物や昆虫などを用いた「タンパク質」を代替品を開発する「フードテック」が期待されています。

世界のフードテックへの投資額は急増しており、ここ6年間で10倍以上の2兆4000億円が投資されています。しかし、米国(9500億円)や中国(3500億円)に比べて、日本の投資額はわずか97億円にすぎず、米国の100分の1しかありません。

今回の設立総会では代表・金田より、まずはじめに植物肉開発の現状をお伝えしました。また、フードテック産業への投資をより活発化させることが、日本国の経済成長および他国との競争優位性向上につながる旨を政策提言いたしました。

今後もグリーンカルチャーは植物肉の開発を通じて、「世界的な食料問題」や「2050年カーボンニュートラル」の課題解決へ貢献していきます。

_________________________________________

【フードテック振興のための議員連盟】
会長:河村 健夫 衆議院議員(元官房長官・山口3区)
事務局長:松原 仁 衆議院議員(東京3区)
参加国会議員:超党派

設立総会招請企業
・グリーンカルチャー株式会社
・株式会社CAN EAT
・コネクテッドロボティクス株式会社
・敷島製パン株式会社

行政出席者
・農林水産省大臣官房政策課 山口 潤一郎 課長

One thought on “「フードテック振興のための議員連盟」設立総会に出席しました。

Comments are closed.