ブログ

【展示会】想定外の結果に…”肉”すぎる”植物肉”の評価

今月10月5日(月)から7日(水)までに開催された展示会「ウェルネスライフジャパン」。弊社の出展が無事終了いたしましたこと、スタッフ一同ここに御礼申し上げます。今回最新作として植物肉の生パティを発表し大変ご好評をいただくことができました。

グリーンカルチャー植物肉

Green’s Plant-based シリーズ(グリーンズ・プラントベース シリーズ)

今回弊社では新作の「植物肉の生パティ」を発表いたしました。現在大豆ミートを使った総菜としてのハンバーグは沢山販売されておりますが、バーガーチェーンのような生肉の状態のパティを発表するのは国内で初となる試みであり、沢山の方にご試食いただくことができました。

当日の声を一部ご紹介します。

「めちゃくちゃ美味しい!」20代大手流通グループ勤務

「2年前ぐらいに植物肉を食べたことがあるけど、その時は全然おいしくなかった。本当に完成度が高くてびっくりした。サイエンスとして興味がある。分子構造を見てみたい。」30代研究職

「これはおいしいですね。今まで色々なビーガン・ベジタリアン食を食べていますが、これは本当に分からないレベル。」30代企業食品開発担当

「えっ?これお肉じゃないんですか?うそ・・・」20代女性

「何ですかこれ?肉不使用とかちょっと意味が分からないんですけど。ヤバくないですか。」20代男性

「海外のFT企業にも出資しているけど、これは本当のフードテックだ。」30代投資家

今回弊社にて集計した「まずい」「ふつう」「おいしい」ボードはご覧の通りの結果となりました。
自称”おいしい”ではなく客観的な”おいしい”評価を得ることができ嬉しい結果となりました。

植物肉評価

Green’s Plant-based シリーズの評価を持つ代表(1日目の様子)

植物肉リスト

Green’s Plant-based シリーズのお品書き

非常に沢山の方が試食にお越し下さった一方、通路の通行に支障が出るほどのにぎわいとなり一時通行が困難になるほどに。いずれにしても多くの方にご賞味いただき、嬉しい感想を頂くことができて感謝しています。

今回新規発表した「植物肉の生パティ」は展示会用に作ったのですが、「売ってください!」という声が想像以上に多かったため、数量限定で急遽第1次先行販売を行うことにいたします。次期は年内11月頃を予定。詳細が決まり次第改めてご報告させていただきます。

弊社は今後とも植物肉の開発を加速させます。ベジタリアンのもの、ヴィーガンのもの、という固定概念を打ち破るような”おいしい”を皆様に提供できるよう、引き続き努力して参ります。

社員10名のベンチャー企業ですがPBF普及のために頑張りますので、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

会社情報

グリーンカルチャー株式会社 〒341-0035埼玉県三郷市鷹野2丁目480-2 グリーンカルチャー物流センター TEL:048-960-0426 FAX:048-960-0427

植物性チーズ販売

ニュースエブリー金田代表

ベジタリアン子育て支援制度

訪問者数

  • 271ビュー:
ページ上部へ戻る