ブログ

コリン・キャンベル博士来日特別講演《グリーンカルチャー公式協賛》

平成29年10月22日コリンキャンベル博士の来日特別講演会が開催されます。
グリーンカルチャーは本講演会のスポンサーをさせていただいております。

コリンキャンベル博士(Dr. T. Colin Campbell)とは

コーネル大学栄養生化学部名誉教授で、40年余りにわたって、栄養学研究の第一線で活躍してきた「栄養学分野のアインシュタイン」と称される栄養学の世界的権威です。自身が行ってきた研究結果から、低脂肪でホールフードの植物性食品を中心とした食生活を提唱しており、博士やそのご家族とも完全菜食主義者として知られています。

 

世界的名著『チャイナ・スタディ』について

キャンベル博士は「チャイナ・プロジェクト」と呼ばれる中国農村部の食習慣についての研究プロジェクトを指揮した人物として有名です。この研究はコーネル大学、オックスフォード大学、中国予防医学研究所をはじめ様々な国家機関がかかわった大規模な共同研究で、「健康と栄養」に関して今まで行われた研究の中で最高峰といえるものです。

プロジェクトでは1983年から1990年にわたり中国の農村部において食習慣をリサーチし、食事の違いによって疾患のリスクがどのように変化するのかを調査しました。
その結果、動物性食品がガン発症率を上昇させるなど、健康に悪影響を及ぼすことが分かり、博士はそれらを全く摂取しない植物中心の食生活が人間にとって一番安全であるという結論に達しました。このときの調査等をまとめた著書『チャイナ・スタディ』はいままでの栄養学の常識を覆すものとして大ベストセラーとなり世界中で翻訳出版されています。

 

キャンベル博士とグリーンカルチャーの出会い

わたし、金田郷史が大学生の時チャイナスタディに出会いました。この本を読んで植物性食事の栄養学的根拠を発見しベジタリアンとしてのライフスタイルへ肩を押してもらったのを覚えています。当時の私はまだ学生でありグリーンカルチャーの起業草案すらありませんでした。しかしキャンベル博士の本に勇気づけられ、後に菜食で人々の生活を豊かにする目標を掲げ、グリーンカルチャーを立ち上げることになりました。グリーンカルチャーがいま存在している理由の一つとしてキャンベル博士の存在が大きいことは事実と言えます。

そんな折、主催者様より弊社に協賛の依頼があった時一つ運命的なものを感じました。私がこのように会社をやらせていただけるのもキャンベル博士の力があってこそだ。キャンベル博士が日本に来るのであれば出来る限り応援したい。日本の皆さんにもキャンベル博士の知識をシェアしてほしいと考えました。結果的にグリーンカルチャーとして協賛させていただけることになり、大変うれしいとともに一つ自社の存在意義をかみしめるきっかけを得る事が出来ました。グリーンカルチャーは博士の意思をしっかりくみ取り日本での菜食普及に深く貢献していきたいと考えています。

キャンベル博士の考えは近年ますます多くの関心を集めており来日が熱望されていました。今回貴重なお話を直接聞けるめったにない機会ということで私自身興奮を抑えられません。行ける方はぜひチケットをお急ぎください。講演後は改めてブログにて内容ご報告いたしますので楽しみにお待ちください。

▼来日特別講演会の詳細はこちら▼
コリンキャンベル博士来日特別講演

日 程:2017年10月22日(日)13:00〜15:15
会 場:コクヨホール/多目的ホール
住 所:〒108-0075 東京都港区港南1丁目8−35
主 催:Natshell
協 賛:グリーンカルチャー、他

【スケジュール】
11:30 開場受付開始
11:30~12:55マルシェ開催
13:00 開演 松田麻美子先生よりごあいさつ
13:15~14:45 T・コリン・キャンベル博士ご講演
14:45~15:15 質疑応答
15:15~16:15  マルシェ開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

会社情報

ベジタリアン会社 グリーンカルチャー株式会社
〒341-0035
埼玉県三郷市鷹野 2 丁目480-2
グリーンカルチャー物流センター
TEL:048-960-0426
FAX:048-960-0427


ベジタリアン新経済連盟

ベジタリアンフェイスブック

ベジタリアン子育て支援制度

訪問者数

  • 165ビュー:
ページ上部へ戻る